連載
鹿児島移住者インタビュー vol.1 「職住一体」の暮らしを鹿児島で
text=上村麻里亜(鹿児島R不動産)

鹿児島への移住を選択した方々のもとを訪ね、お話を伺うシリーズコラムがスタートします!


イラストレーター・大寺聡さん(左)のアトリエ「タイムトンネル」の前で。右は鹿児島R不動産代表・冨ヶ原。

〜 鹿児島移住を考えている方へ 〜

南国ムードに魅せられて、自給自足生活に憧れて。鹿児島移住の理由には少し前までこれらのことが挙げられていたように思います。余裕のある大人たちの悠々自適なセカンドライフの拠点といったところでしょうか。今はそれが少し変わり、働き盛りの子育て世代やさらに若い世代の移住が増えてきています。
とはいえ、仕事や子育て環境の問題などのハードルが邪魔をして、関心はあってもなかなか移住に踏み切れない人が多いのも事実。そんな方々の後押しができればと、私たちは鹿児島に移住した先輩方へのインタビューを行うことにしました。移住のきっかけ、仕事のこと、暮らしのことなど、彼らのお話をヒントにあなたの移住プランをイメージしてみてください。
第1回は、2000年に鹿児島の西部に位置する日置市吹上町へ移住してきたイラストレーターの大寺聡さんにお話をお聞きします。

■子どもの頃に見た「しっかりとした生活」を求めて

──大寺さんは東京で生まれ育ち、大学卒業後も東京でイラストレーターとして働いてこられました。それがなぜ鹿児島に移り住むことになったのでしょう。

今暮らしている吹上は父の故郷で、祖父が住んでいました。僕の父は大学進学で上京し、そのまま就職したわけですが、毎年夏には僕ら子どもを連れて家族でここに帰省していたのです。親戚が「お帰りなさい」と迎えてくれる世界は東京とはまったく違って、地に足のついた生活というか……しっかりとした生活を送っている感じを受けたのを覚えています。自分が帰るべき場所はここではないかという意識はかなり小さい頃からありました。

──イラストのお仕事は20代後半で軌道に乗り、今では雑誌や広告、WEBにパッケージにと活躍の場を広げていらっしゃいます。クリエイターにとって東京は仕事の数も多く、非常に恵まれた環境に思えるのですがなぜ移住しようと思われたのですか。

僕は東京の家が借りの住まいという気がしてどうしても馴染めなかったんです。父の職員住宅で育ち、一人暮らしを始めてからもワンルームマンションを転々としていましたけど、知らない人に囲まれ、挨拶に行ってもドアすら開けてくれない人がいることに居心地の悪さを覚えて。気持ちの上での限界を感じていたんですよね。移住を強く意識したのは父が亡くなったとき。父が東京に出たままで故郷に戻らなかったということが大きな衝撃で。僕らの世代は父の世代とは逆の流れをつくらないと日本のバランスが悪くなるとそのとき感じたんです。

──ただ、実際に鹿児島に移住されたのはお父様が亡くなられてから10年後ということですよね。その間はどのように過ごされていたのでしょう。

東京になくて鹿児島にあるものを常に比較し、鹿児島の方が自分に合っている、鹿児島でも自分の仕事はできると自信を持って移住するための心の準備をしていました。その後2000年くらいにインターネットが出てきて、自分を情報の波に乗せることができれば住む場所に関係なく仕事ができると確信できたのです。「自分を情報化する」とはどういうことか? 真剣に考えました。それは間違いのないものをつくるということ。相手が求めるものを確実に返すということ。鹿児島から発信すること自体にも大きな意味があって、東京からではなく鹿児島から発信することで、自分の言いたいことがむしろ伝わりやすくなる気がしたんですよね。

──今暮らしているのはお父様のご実家ですが、それ以外に物件探しはしなかったのですか?

ここじゃないと意味がなかったんです。小学生のころに祖父に「お前はここに戻ってこい」と言われたのを覚えていて、吹上しかないと。でも住んでからいろいろわかるのですが、ほかにも鹿児島にはいいところがたくさんありますよ。


鹿児島へ移住を決めるまでの経緯をとても楽しそうにお話しくださいました。インタビュー中は終始笑顔が絶えず明るい雰囲気。

庭には南国の木々をふんだんに。一度始めると2時間はかかるという草刈りは「たまにやりますけど本当に大変」と大寺さん。