Rトピックス
【指宿市】仕事3:焼酎蔵スタッフ
text=佐藤孝洋(鹿児島R不動産/Nuff Craft)

指宿市の焼酎作りに興味がある人におすすめです!

池田湖畔の小高い丘の上に指宿酒造はあります。
全国焼酎消費量ランキングで圧倒的一位を誇る鹿児島。ここ指宿市は、その原材料となるサツマイモを日本に伝えたとされる利右衛門の出身地。焼酎に縁の深い土地です。


平均年齢30代。若いスタッフが活躍しています。
革命的な協業からスタートした蔵

約30年前、明治創業の蔵元5社が集まり、今までできなかった規模の醸造を理想に創業しました。代々、蔵の味を守るというのが当たり前だった当時、革新的な取り組みと言えるでしょう。

伝統の味を、次世代へ

家族経営が基本だった焼酎作り。せっかくいろんな人が集まったからこそ、風通しの良さを大切にしてきました。さらに、平均年齢30代と若手中心の組織づくりも。

「一人の杜氏で味を守ってきた昔と違い、杜氏の感覚をきちんと若い人に伝えていくことで、みんなで味を守っていけるようにしていきたいです。若い人にどんどん意見を言ってもらい、チャレンジしてもらうことが大事です」と工場長の上川床(かみかわとこ)さん。


工場長の上川床さん。創業時からのメンバー。若手を暖かく見守ります。
利右衛門を世の中へ

焼酎を残していくためには、普段焼酎になじみのない人にも、手に取ってもらう努力も重要です。
今メインで販売しているのは「利右衛門」という銘柄。指宿市民の方々から公募で名付けてもらいました。


黒利右衛門(一番右)のラベルは、世界三大デザイン賞の一つ、「レッドドットアワード」に入賞しました。

江戸時代に利右衛門が、琉球からサツマイモを持ち帰り、それから全国にサツマイモが広がったと言い伝えられています。

「その芋焼酎の礎を築いた功労人ともいえる利右衛門の名で、指宿市で焼酎作りをできることをとても光栄に感じます」

こんなストーリーを知ってもらい、より焼酎に愛着を持ってもらいたい。一杯の焼酎の裏側にある、指宿の歴史や人々に思いを馳せてみれば、焼酎を飲むのも楽しくなりそうだと感じました。

<会社概要>
事業主:指宿酒造
出勤日数:週4日程度
勤務時間:9:00~18:00
サイト:https://www.facebook.com/maeda.riemon

<業務内容>
・イモの選別、洗い
・もろみの作業
・瓶詰め、ラベル張り

<募集概要>
募集定員:2名
応募締切:2016年8月7日(日)
就業開始日:2016年8月18日(木)~
報酬:なし(※就業体験のため、報酬はありません)
交通費:1日500円支給

南薩トライアルステイのお申し込み・お問い合わせはこちらから