Rトピックス
【南九州市】仕事1:お茶農家手伝い
text=横田千恵美(鹿児島R不動産/Nuff Craft)

将来、農業に従事したいと考えている人におすすめです!

日本有数の緑茶生産地である知覧。
「お茶の春一番」は茶葉の栽培から、製造、加工、販売まで一貫して取り組んでいます。最近では茶摘みや手もみ茶作りを体験できる観光農園の取り組みにも力を入れているところです。


代表の山口さん。手もみ茶教師の資格も持つ、業界の有名人。
お茶の生産から製茶、販売まで

取締役の山口さんは、父の跡を継ぎ二十歳の頃からお茶農家の仕事をスタート。当初は市場に卸していただけでしたが「自分たちが大切に育てたお茶の味を、きちんと生かして伝えたい」と、小売販売まで手がけるようになりました。

品種ごとに違う、お茶の味わい

製造から販売まで手掛けているので、とにかく忙しい! けれども「お茶作りのすべての流れを納得いくまで試行錯誤することができるのは大きな魅力」と山口さん。
例えば「あさつゆ」は色がきれいな特徴のある品種。よりきれいな色が出るよう土づくりや栽培法、製茶での仕上げと、一つ一つの工程にこだわることができます。


あさつゆは「天然玉露」と称される濃厚な甘みのある味わい。

コーヒーが産地ごとの味の違いを楽しむのと同じように、身近すぎて意識しなかった緑茶も、品種や産地で変わる味を楽しめるはず。お茶の種類は100種類以上、実は味の幅が広いんです。

お茶の魅力を海外へ

現在力を入れているのが観光農園の取り組みです。茶畑でお茶を摘み、手もみ茶を作って飲むというお茶の一連の流れを体験してもらうことで、お茶について深く知ってもらいます。最近は海外からも観光客が訪れるようになりました。


手もみ茶は5時間ずっと揉み続ける。観光農園のプログラムでは、その一部を体験できる。

「お茶は健康的で美味しい素晴らしい飲み物です。美味しいものを作るだけでなく、お茶農家だからこそ知っている良さを伝えていきたいですね」
お茶の魅力、知れば知るほどハマりそうです。

<会社概要>
事業主:お茶の春一番
出勤日数:週4日程度
勤務時間:9:00〜17:00
サイト:http://haru1ban.info

<業務内容>
・農作業
・製茶作業
・店舗での接客業務
・観光農園の手伝い(茶摘み体験、手もみ茶作り体験などのフォロー)
※夏の暑い時期なので、帽子やタオルの準備をお願いします。
※動きやすい服装でお願いします。

<募集概要>
募集定員:2名
応募締切:2016年8月7日(日)
就業開始日:2016年8月18日(木)~
報酬:なし(※就業体験のため、報酬はありません)
交通費:1日500円支給

南薩トライアルステイのお申し込み・お問い合わせはこちらから