更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



物件詳細情報
 

  • 湧き出す幸せ (鹿児島県薩摩川内市平佐町の物件) - 鹿児島R不動産
    外観
  • リビング
    リビング
  • 倉庫
    倉庫
  • バルコニー
    バルコニー
  • 洋室
    洋室
  • 倉庫内観
    倉庫内観
  • 外観
    外観

外観

sale     住宅
湧き出す幸せ
 
価格:
1,649万円
面積:
643㎡(土地)
  
所在地: 鹿児島県薩摩川内市平佐町
交通: JR鹿児島本線隈之城駅 徒歩27分
管理費: なし
修繕積立金: なし

みなさんはどんなときに幸せを感じますか?

日々の生活が「なんとなくうまくいかない」「やる気がおきない」という人は、脳内から分泌される「幸せホルモン」が不足している可能性があります。

「幸せホルモン」とはその名の通り、心を楽しく元気にしてくれる大切なホルモンです。

特に有名な3つのホルモンを挙げると、

・「やる気」を促す「ドーパミン」

・ストレスやイライラを解消する「セロトニン」

・心に安らぎを与え、気持ちを前向きにしてくれる「オキトシン」

名前だけを聞くと、なんだか難しそうに感じますが、この3つのホルモンは毎日のちょっとした習慣や心がけでつくることができるものばかりです。


たとえば、「オキトシン」をつくるための代表的な方法は「スキンシップ」

家族や恋人と見つめ合う、手をつなぐ、ハグをすることで「オキトシン」の分泌が促されます。

また、「ペットと暮らす」というのも「オキトシン」をつくるのに効果的な方法です。

特におすすめなのがワンちゃん。

愛犬とふれあうことでお互いに「オキトシン」が分泌され、さらに、毎朝一緒に散歩をすることで「セロトニン」の分泌も期待できます。

愛犬は一緒に生活するだけで「幸せホルモン」を増幅させてくれるので「家族の幸せ」や「ストレスのない毎日」に欠かせない存在になることでしょう。


犬といっても、室内で手軽に飼うことのできる小型犬から、ゴールデン・レトリーバーのような大型犬まで種類はさまざまです。

今回は、周りの住人に気をつかわずに大型犬を飼うことができて、庭にドッグランを作ることができてしまうくらい広い敷地のある物件を紹介します。


物件があるのは薩摩川内市平佐町。

薩摩川内市は薩摩半島の北西部に位置し、東シナ海に面した白砂青松の海岸線、市街地を悠々と流れる川内川、みどり豊かな山々や湖など、自然たっぷりの魅力的な街です。

そんな薩摩川内市の市街地にある本物件は、車で5分のところにコンビニやスーパーがあり、郵便局、駅、病院、小中学校も近くにあるので、とても快適に生活できる住環境といえるでしょう。


二階建ての洋風住宅で、間取りは4SDK。室内はリフォームされていて、新築のような住み心地の良さです。

一階部分では家族でわいわい楽しく、二階は個室が三部屋あるので、それぞれの時間も確保できる造りになっています。

敷地は190坪。自宅の庭とは思えない広さで、倉庫まであります。

使用頻度が低いものは倉庫に収納することで、居住スペースが広く使えて快適に過ごすことができるでしょう。

住宅が密集しているところではあきらめていた、BBQや愛犬とのフリスビーも周りを気にすることなく、自宅の庭でできてしまう贅沢な毎日は想像するだけでワクワクしますよね。


仕事や人間関係、最近ではコロナ禍による外出制限と、これまで以上にストレスを感じることが増えています。

そんな中でも毎日楽しく、前向きに暮らしたい。

そのためには日々、「幸せホルモン」を意識してつくることがたいせつです。


家族に笑顔とやすらぎを与えてくれる愛犬と暮らし、自宅の庭で贅沢に過ごすことのできるこちらの物件を、一度体感してみませんか?

   

価格 1,649万円 建物面積 97㎡
管理費  なし 修繕積立金 なし
所在地 鹿児島県薩摩川内市平佐町
交通 JR鹿児島本線隈之城駅 徒歩27分
建物構造 木造 所在階
築年 2006年 土地権利 所有権
土地面積 643㎡ 都市計画 非線引き区域
用途地域   建蔽率/容積率 60/200
その他費用 取引態様 売主
設備 個別LPG/公営水道/個別浄化槽/システムキッチ/ カウンターキッチン/浄水器/洗髪洗面化粧台/追焚き給湯/フローリング/火災警報器(報知機)/Wクローゼット/バルコニー/モニター付インターホン/陽当り良好/閑静な住宅街/南向き/駐車場3台分/瑕疵保証付(不動産会社独自)/リフォーム済み
備考 地目:宅地/現況:空室/引渡時期:相談/ペット可
情報修正日時 2021年8月31日 情報更新予定日 2021年10月9日
※掲載の情報が現状と異なる場合には、現状を優先するものとします。