更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



物件詳細情報
 

  • 百年に一度の出逢い (姶良市蒲生町の物件) - 鹿児島R不動産
    私的、完璧すぎる外観。
  • 縁側越しに眺める庭。
    縁側越しに眺める庭。
  • モダンな雰囲気も漂います。
    モダンな雰囲気も漂います。
  • 玄関入ってすぐの部屋。
    玄関入ってすぐの部屋。
  • この縁側、素敵すぎ。
    この縁側、素敵すぎ。
  • 土間にある入り口。お店を開くしかない!
    土間にある入り口。お店を開くしかない!
  • ちょうど良い陳列棚?食器棚にするよりパンを並べたい。
    ちょうど良い陳列棚?食器棚にするよりパンを並べたい。
  • モダンなベッドルーム横の書斎。築100年でもテレワーク対応。
    モダンなベッドルーム横の書斎。築100年でもテレワーク対応。
  • お風呂は現代仕様。
    お風呂は現代仕様。
  • 完璧すぎるアプローチ。
    完璧すぎるアプローチ。
  • どこから撮っても画になる。
    どこから撮っても画になる。

私的、完璧すぎる外観。

sale     住宅
百年に一度の出逢い
 
価格:
1,900万円
面積:
106.83㎡(建物)
631.7㎡(敷地)
   
所在地: 姶良市蒲生町
交通: 八幡バス停 徒歩3分
管理費: なし
修繕積立金: なし

はい、出ました!鹿児島R不動産史上2つ目の感動物件。


「これは来たよ。来ちゃったね。いい物件が!」と鹿児島Rの古株Mも唸るほどのモノです。


最初に申し上げておきます。早い者勝ちです。


鹿児島市街地から1時間ほどの姶良市蒲生町。かつての武家屋敷の名残を留める静かで美しい街です。古くから建つ住宅が多いせいか華やかさはありませんが、近所を歩くだけで不思議と気持ちが落ち着く、優しい雰囲気に包まれた場所です。


そんな静かな町で現在はゲストハウスとして使われている築100年以上の古民家が今回の主役。


道路よりも少し高い所に建っているので、門までは階段で。道路から門まで伸びる階段もなんだかいい感じです。そして門をくぐると、思わず出ちゃいます。「うわぁ〜っ」と感動のため息が。タイムスリップしたような、異空間に来たような、なんとも言えない素敵な風景が目の前に現れます。


木々の合間から漏れる日の光でキラキラ光る縁側の窓。そよ風にゆらゆら揺れる庭の草花。これほどまでに庭と外観が100点満点な物件が、今までにあったでしょうか。


建物に入る前で満点を出しちゃいましたが、室内も期待を裏切りません。玄関入ってすぐの部屋は青い壁が目を引く板の間。そこを中心として各部屋が繋がります。既存を生かしつつも、水まわりや設備は現代の生活に合った仕様に。


和室から縁側越しに眺める庭なんて最高です。こんなところに住んでみたいな〜と頭の中で思い描いていた妄想の世界がここにはあります。ガラス窓から入ってきた日に照らされる縁側の、なんと美しいこと。ずっとその空間にいたくなります。私は、体育座りでボ〜っとしたい。


和室もあれば、板の間もあります。どの部屋も広々としていて、風通しのよい作りです。台所は居間の横にある土間に。コンパクトで使い勝手も良さそうです。


土間には外からの入り口もあるため何かと便利です。お勝手口というよりは、立派な出入り口。ガラス戸でサラッと軽くおしゃれ感が出ているので、なんだか素敵なお店の入り口に見えてきます。お菓子屋さんとかパン屋さんとか・・・自宅でお店を開くというのもアリかも。


アピールポイントが多すぎて延々と魅力をお伝えできそうな勢いですが、とにかく一度、鹿児島へ。少しでも気になった方には、ぜひ実物を見ていただきたい。


築100年以上の建物に実際住むとなると、何かと修理だ、交換だ、と出てきますが、こちらはその心配も少なくて済みそうです。ただ、古さという素材を存分に生かした物件となっておりますので、防犯性や、気密性を求められる方には正直お勧めできません。


そんな事は気にしない!床の隙間や木製サッシの歪み、隙間風さえも心地よいと感じられるという方、ご連絡お待ちしております。


  
  

価格 1,900万円 建物面積 106.83㎡
管理費  なし 修繕積立金 なし
所在地 姶良市蒲生町
交通 八幡バス停 徒歩3分
建物構造 木造1階建て 所在階
築年   土地権利 所有権
敷地面積 631.7㎡ 都市計画 市街化区域
用途地域 建蔽率/容積率 70%/400%
その他費用 取引態様 媒介
設備
備考 地目:宅地/家具付き
情報修正日時 2020年10月30日 情報更新予定日 2021年8月13日
※掲載の情報が現状と異なる場合には、現状を優先するものとします。