更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



>>HEADLINEを見る



物件詳細情報
 

  • 山を越え、時を超え (鹿児島市中山町の物件) - 鹿児島R不動産
    緑と調和した建物
  • ノスタルジックな雰囲気が漂うリビング
    ノスタルジックな雰囲気が漂うリビング
  • ヨーロピアンクラシックなダイニング
    ヨーロピアンクラシックなダイニング
  • 暗さをも楽しむ感覚で
    暗さをも楽しむ感覚で
  • 貴賓室のよう
    貴賓室のよう
  • 緑風を感じながら
    緑風を感じながら
  • あるのは自然のみ
    あるのは自然のみ

緑と調和した建物

sale     住宅 商業
山を越え、時を超え
 
価格:
2,500万円
面積:
2,881.01㎡(土地)
       
所在地: 鹿児島市中山町
交通: 平治バス停 徒歩5分
管理費: なし
修繕積立金: なし

【価格改定しました】

中世ヨーロッパの人々はどんな食事をしていたのか?

中世ヨーロッパの人々の食事は、貴族階級と農民では大きく異なっていた。


上流階級は、野菜は殆ど食べず肉料理が中心で、すごい量の料理をちょっと食べるという食事。逆に農民は、野菜中心の料理で適量に食べていた。唯一の共通点は、一日に3度の食事をしていたこと。貴族と農民は、それぞれどんな食事をしていたのか。中世の人々はバランスのとれた食事をしていたのだろうか。


豊かな貴族ほど、バランスが取れた食事をしていなかったらしい。

貴族たちは、多くの異なった料理を食べたが、地面からとれるものは貧しい人々に適していると考えられ、野菜はほとんど食べなかったそう。アブラナ、玉ねぎ、ガーリック、ネギなどのみ食卓に並び、パイの中にフルーツが入る程度だとか。牛、豚、やぎ、子羊、うさぎ、野うさぎ、しか、イノシシ、鶏、七面鳥などの数多くの肉料理が食卓に並び、魚介料理は、マス、タラ、カレイなど、オイスター、二枚貝、ムラサキ貝など。味付けはとてもスパイシーで、ペッパー、シナモン、ナツメグ、ジンジャー、コリアンダー、ガーリック、ターメリック、クミン、マスタード・・・・ありとあらゆるスパイスを使用していた。

貴族たちは晩餐会をホールで行い、屋敷や城から離れており、冷めた料理が多かったよう。


逆に、農民は作ってすぐに食べたので温かい食事をとっていた。農民たちは栄養価の高い、ライ麦や大麦のパンに、肉が少々で野菜が中心の食生活で、比較的食事のバランスは取れていたのではないか。

一方、貴族の食事については肉料理が中心の贅沢なものだが、栄養は全く考えられておらず、ビタミンCや食物繊維が不足していた。このため、虫歯、皮膚病、壊血病、くる病(骨の石灰化障害)に苦しむ貴族も少なくなかったよう。イングランド王のヘンリー8世も、晩年は食べ過ぎで肥満となり、様々な病に苦しんだと言われている。


そんな中世から時が経ち、場所は日本。鹿児島県鹿児島市中山町。

今回ご紹介する物件は、鹿児島市の郊外にてひっそりと営むレストラン

鹿児島市主要道路まで車で10分。近隣は山に囲まれ、生活圏内は車で15分エリアを想定しておくことを勧める。


現代においては、中世ほどの貧富の差はなく、美味しい料理、栄養価の高い食事を日常でも取ることができる。しかも近代生活による日常の疲労感から、自然豊かな静かな場所で時間を過ごしたいというニーズも高まり、人里離れた場所にお店を構えるシェフも多い。本物件もまさにそのような物件。

店舗付住宅とあって、生活設備は完備。自然環境を生かした場所と人々の心を癒す料理の創造にはもってこいの物件。しかも、アンティーク家具の充実さには目を疑うほど。


本物件が気になる方は、ぜひ一度足をお運びください。


   

価格 2,500万円 建物面積 134.15㎡
管理費  なし 修繕積立金 なし
所在地 鹿児島市中山町
交通 平治バス停 徒歩5分
建物構造 木造1階建て 所在階
築年 2000年 土地権利 所有権
土地面積 2,881.01㎡ 都市計画 調整区域
用途地域   建蔽率/容積率  
その他費用 取引態様 媒介
設備
備考 地目:宅地/現況:居住中/引渡時期:相談/ペット可
情報修正日時 2019年6月30日 情報更新予定日 2019年10月1日
※掲載の情報が現状と異なる場合には、現状を優先するものとします。